携帯モードで見る

2013年12月19日木曜日

学術交流集会に参加しました。

 

福岡県民医連の3法人合同で行う「学術交流集会」が去る127日(土)に博多にてひらかれました。

 発表したのはG1先生(2年目)、G2先生(1年目)、私・T渕でした。
G1先生・G2先生は優秀な発表ということで表彰されていました。私は反響をいただきました。(会場から質問をいただきました。)G1先生の発表は、認知症の患者さんの食事摂取・水分摂取の工夫に関するもので、身内であり予演会で内容も知っていたのにもかかわらず、「みさき病院での1か月という短い研修期間中によくここまで工夫された」と心を打たれました。

発表内容を準備する過程で印象的だったことをここに記して皆様にお伝えいたします。

 準備が出遅れており、発表日の二日前に、ほとんど形にもなっておらず「お茶を濁そうか・・・」と後ろ向きに考えていたところ、蜘蛛の糸が垂れてきました。F先生が救いの手を差し伸べてくださったのです。
 
で、
 
「そもそも、この発表の機会を生かさないでどうする?! 自分の医療が、水準に達しているのか、ひとりよがりの間違った方向に行っていないのか、批判にさらして検証するんだ。学会で発表するのもそういうものだ。また、独力で準備が間に合いそうにないならば、まわりの先生に指導をあおがんか」
 
と指導を受けました。
 
それまで「学会発表は余裕があればするもの」と考えていたのが、まるっきり考えがあらたまりました。学会云々もですが、自分の医療をまっとうなものに保つために、批判にさらす機会をつくる、という点に「なるほど!」と思いました。

その後、F先生のご指導のおかげで、当日の発表はかなりよいものになりました。
(医局で予演会をした際には、読むのもカミカミでした。)
 
 
 
↓↓↓≪発表風景≫↓↓↓
 
 
 
 

 他法人の発表では「当院に一年間に○○病増悪で入院した患者さんの、増悪因子を検討する」というような、渋い研究をされたお二人の発表が印象的でした。
 
 
 
 

2013年12月12日木曜日

~広島3日目~


 
深酒がたたったのか、シンポジウムには何とか間に合ったものの再びプロポフォールの魔の手に落ちた研修医G。その後のSGDでも終始かわすピッチングで切り抜けようとするも1回表でノーアウト満塁の状況。今季絶望は伊達じゃないぜ!絶体絶命の状況でさっそうと登場した研修医①君がその回を三者三振で切り抜け、その後も無安打ピッチングで見事ノーヒットノーランを達成。無事試合も終了し、ナイスピッチングをたたえ「またどこかで」と言い残し去ろうとすると、「今月大手町のセデーションコースで会いましたよね」。あ、あの時のできる研修医君は君だったのか・・・!記銘力障害を発症しつつある研修医Gに困惑しながらそう言った研修医①君の顔は今でも忘れられない。

 

 

そして広島から立ち去る前に、昼に駅で飯を食べようとKDrから発案。これが牡蠣を食べる(今季復活の)最後のチャンスとばかりに焼き牡蠣!焼き牡蠣!と連呼する研修医G。しかしその他の人の心はお好み焼きで完全に一致。

圧倒的不利な状況でも、少数派でもしっかり主張するどこかの党のように執拗に食い下がり、お好み焼きと焼き牡蠣が同時に食べられる飯屋はないかと目を皿のようにして必死に探す研修医G。その眼光はまさに獲物を狙うチーター。

そうそう都合がよいことがあるわけがないのが世の常だが、日ごろの行いが良いのか広島が都会だからなのかその条件に合致する店を発見。その店を発見するなりチーターなみのスピード(25km/h)で店の中に突入。メニューをみると焼き牡蠣2550円、お好み焼きとセットでななんと400円!?これは・・・食べなきゃ!!!

牡蠣が嫌いな研修医Nの分まで牡蠣セットでオーダー、トータル4つの焼き牡蠣をゲット。光の速さで完食。さらに追加オーダーを頼もうとすると研修医Nよりそれ以上は小遣いと非情な宣告。じ、慈悲はないのですか!?と食い下がるも、

 

No Mercy、慈悲などない。小遣いを減らすなら頼んでもよいぞ」

 

とまさに悪魔の選択を迫られあえなく自費で6個目の牡蠣を食べる研修医G、今季絶望からは復帰に成功するもどこか不満気。8個目も頼みたいところだが前の週に先輩の結婚式で友人と7次会まで行った研修医Gにはとっくに限界をむかえていた・・・

 

教訓:牡蠣を食べる前の週には結婚式の7次会までいかない

2013年12月5日木曜日

研修医ブログ~広島出張編:極寒の地・広島~


広島出張二日目

 

くっそ、昨日は焼き牡蠣がほとんど食べれなかった・・・今日の夜こそ牡蠣を食べるんじゃ(広島弁)!

 

それはさておき本日の午前中はグループに分かれてフィールドワークに繰り出すという日程。4つのグループに分けられたが、KDrと俺は何かの陰謀かその他の※の山病院ズと別の班にぶち込まれ単独行動を余儀なくされた!そのグループで1人?あぁなれてるよ、入職時から研修医同期は1人だったからな!

 

835頃:

inトイレ~

研修医G「(あと俺のグループは15分で出発か~)」

 

ケータイ「ブーブー」

 

G「?」

 

From KDr

『交渉して他の※のみんなと同じところにいくことになりました』

 

! ? 

 

え、じゃあ仲間外れは・・・俺だけやんか!なんやこの仕打ち!!

 

ケータイ「ブーブー」

 

G「?」

 

From F

『一人分まだあいてるっぽいよ』

 

えっ、でも俺まだトイレ・・・

 

ケータイ「ブーブー」

 

From F

『あ、出発した(笑)』

 

 

絶 対 に 許 さ な い  絶 対 に だ 

 

 

 

予定通り(?)一人でフィールドワークに投げ出された研修医G。監視体制もままならないこの状況ならしれっと抜け出してもばれない可能性が・・・!?

しかし元来まじめ(?)な研修医Gはそのような大学生みたいなことはせずにおとなしくバスに乗り込み出発。放射線研究所を見学した後、広島平和公園に降ろされた。

 

研修医G「さっむ!早く原爆資料館で見学もとい暖をとらねば!」


案内人「平和公園内を案内します。大体1時間半くらいですかね~





原爆資料館には入りません」

 
 
 

研修医G「!?」



 

3時間後~

 
 

研修医G「平和公園死ぬほど寒かった・・・そっちどうだった?」

研修医N「海から基地をクルージングしながら見て、めっちゃみんなはしゃいでたよ~!」

 

 

 

 

 

日本に基地なんて必要ない、確信しました。

 

 

時は立ち夕食交流会。この後は今日こそ焼き牡蠣をたらふく食うぞと熱い決意を胸に、最寄りの焼き牡蠣所を探し出した研修医G。そこにiadを片手にたたずむ鹿児島の職員さんが!これはこれは奇遇ですね。ちょちょいとこの動作が遅いSny製のスマホの代わりに調べてくれませんか?おっ、さすが早いですね~。なになに?ラストオーダー20時?

 

・・・チラッ

 

時計「もう20時だぞ」

 

 

 

※の山新報1

研修医G、今季絶望!原因は牡蠣の摂取量不足!圧倒的燃費の悪さに他県連からも同情の声が!

 

201311月某日、※の山病院の将来をこころなし嘱望されていた研修医Gが今季絶望という衝撃的なニュースが広島から飛び込んできた。とある関係者の話によると、原因は牡蠣をあまり食べることができなかったということだ。「あんな量では働く気がしない。広島まで来たのに焼き牡蠣を食べれないだなんておかしい、間違っている」と周囲に漏らしているとのことだが、別の関係者は「前日焼き牡蠣を含めた牡蠣を17個食べ、本日の夕食にも焼き牡蠣ではないにしろ牡蠣はついてきた。これ以上どれほど求めるというのか」とあきれ顔。他県連からは「必要な牡蠣の量に対して燃費が悪すぎる。とてもうちでは養えない」との声が聞こえるが、医師不足が北京の空気汚染並みに深刻な※の山。研修医Nが独り立ちすればすべて問題が解決するがそれまでの間どうするのか。
~二面に続く~




2013年12月2日月曜日

研修医ブログ ~広島出張編~

久しぶりにネタができたから投稿!1128日~1130日までの広島出張について記載していくぞ!

 

①宮島編

 

船に15分ほどゆられて上陸した先には宮島とかいう牡蠣の聖地が!牡蠣が大好物の研修医G、たまらず直近の牡蠣焼きを光のスピードで買おうとするも先輩DrKに「既婚者ならもう少し落ち着け」と諭されあえなく遮光カーテン(嫁=牡蠣嫌い)にさえぎられる。



しかし腹が減っているのは皆同じ。ターゲットを目の前の店の、練り物にチーズやらジャガイモやらぶち込んで棒状にして焼いたもの(正式名称は空腹にて血糖が低く、海馬領域に栄養がとどいていなかったためか覚えていない)に変更しゲット!うんまー何コレ!?竹輪の仲間とは思えないほど旨みにあふれたこの・・・えーっとなんだっけ?まあいいや!


しかし次の瞬間!研修医Gの目に飛び込んでくる、香ばしくも危険な香りを醸し出す奇跡の黄金水。そう、『あの』アサヒスーパードゥ☆ラーイのビールサーバー!思い出すのは約2年前の奇しくも同じ青年医師交流集会!あの時の記憶が蘇る(当時のブログ参照)!!これは・・飲まなきゃ!!

 

サーバー「昼はカバーかかっててビールでないよ」

 

 

轟    沈  

 

 

しかし歩むこと5分、そこに再び現れるは「牡蠣焼き」の4文字!「落ち着き」という殻を破った研修医Gのスピードは、遂に危険な領域へと突入する!!!

 
 
 

突入した結果↓↓

 



 

 

やっぱ牡蠣焼きと言えばビールよね~。出張?交流集会?何のことです?

えーい牡蠣が足らん!おばちゃん、もう3個追加で!!



奈々「私牡蠣嫌いだしこっちでほとんど食べてなくてお腹すいてんだけど(激怒)」



あっ、すいません・・牡蠣代小遣いから出すんで・・ハイ・・・・

 
 

「落ち着き」という殻を再びまとい店を出ること1分、「牡蠣クリームコロッケ」というカニクリームコロッケの上位互換を見つけた時、研修医Gはすべてを脱ぎ捨て再び解き放たれた(中略)



そのままの勢いで揚げもみじ屋に突貫、同席した海上自衛隊の方に大学生に間違えられるという悲劇が起きたもののなんだかんだでトータル17個の牡蠣(+その他もろもろ)を平らげた研修医G



しかし焼き牡蠣の量が少なかったことにどこか不満顔。『当たるまで牡蠣食べ続けてやる宣言』を堂々ぶち上げるも時間とお小遣いというKCL&ボスミンivを突き付けられた研修医Gは泣く泣く島を後にする。交流集会?なにそのアタP程度の戦闘力(笑)

 


 

②講演会&SGD(スモールグループディスカッション)

 

○名簿一覧表

 

班 チューター 病院   名前

        ◇×病院  米の山太郎(仮名)

△       #※病院  米の山花子(仮名)

18   ○   米の山   後藤健太

 

 

 

 

えっ何これ(ドン引き)こんなことは許されないぃぃぃぃ!!!

 

・・・君たちに問おう。もし自分の財布から500円玉が落ちたらどうするか。拾うだろう?


焼き牡蠣を食べる時に生Beerを飲むことは、つまりすなはち財布から落ちた500円玉を拾うことと同じように当然なことではないのか!?そこにチューターをぶち込んでくるという狡猾な罠!!しかし医学生の集いを5回も経験した俺には何のことはない、アタPからプロポフォールになった程度!軽く蹴散らしてやるぜ!!とりあえずO塚、マスクくれ!

 

2時間後~

 

あ・・まだ牡蠣食べ足りない・・ムニャ!?

 

またプロポフォールの実用性が証明されてしまったのか・・・。

 

そういえば講演会の内容・・・俺チューター・・・これは・・・(絶望)



ここはグループメンバーが全員初期研修医ということを利用して、講演会の話題には一切触れず初期研修と病院の現状を小一時間話して乗り切るんだ!!


研修医G「では自己紹介から・・・」


研修医①「(ん?酒くっさ!)」


研修医②「(・・・?アルコール・・?ドン引きです・・・)」


研修医③「(絶望にも近いこの感覚・・・こんな悲劇を繰り返さない為、僕がこの研修制度を変えなきゃ!)」

 

SGDは盛り上がり、(本人の中では)無事ミッションコンプリートとなった研修医G。夜間は※グループで広島市内に繰り出すも牡蠣が食べれず、研修医Gは※グループの中で最も熱い気持ちを保ったまま初日は終わった。