携帯モードで見る

2017年2月10日金曜日

呼吸器内科研修の一コマ☆


呼吸器内科研修中のU1年次研修医)です。

研修の一環でCPAPの装着体験をしました!



機械の仕組みや操作方法などを上級医から学びます♪


患者さんの気持ちを理解するために・・。

↓↓





CPAP適応疾患である睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者さんは案外多く、CPAPを使用している方も多いです。


以前、患者さんに「CPAPは苦しくて眠れなくなるという噂を聞きました。


1回つけたら、トイレにも行けないのでしょうか。」といった質問をいただきましたが、当時の私はCPAPがどのようなものなのか分かっていなかったため、質問に答えられませんでした。


実際、体験してみて「確かにつけ初めは苦しいけれど、慣れれば眠るのに支障はなさそうだ。」ということと、「装着は簡単なので、トイレには行ける。」ということが分かりました。


もちろん個人差はあると思いますが、これからは患者さんにCPAPのつけ心地を聞かれたら、答えられそうです。




0 件のコメント:

コメントを投稿