携帯モードで見る

2017年9月22日金曜日

地域医療研修


大牟田の診療所で、3週間の地域医療研修中で、2年次研修医のU です。

主に外来と往診を経験させていただいています。

 

外来では慢性疾患(高血圧、糖尿病、脂質異常症など)や公害の患者さんを診ることが多いです。

短い診察時間(5分ぐらい・・・皆さん、すみません!)の中で、相手がどのような情報を必要としているのかを読み取り、

的確に情報提供することを心掛けています。・・・とかっこいいことを言ってますが、実際は患者さんの生活で大変なことを聞いているだけになっていますね。

私より人生経験豊富な患者さんに、生活習慣についてアドバイスするのは申し訳ないなあと思ってます。








往診では看護師さんとともに患者さんのお宅にお邪魔して、診察をさせていただいてます。診察内容は外来と同じですが、


往診は患者さんの生活背景が見えてくるので、より患者さんを理解できるという安心感があります。


自分がもともと描いていた医者の理想像は「親身になって患者さんと接することができる医者」だったので、往診というスタイルは、それに近いものがありました。研修医でこのような経験ができて良かったと思えました。