携帯モードで見る

2017年10月31日火曜日

地域医療研修 in OKINAWA


こんにちは(^^)初期研修医2年目Hです。

地域医療枠で、沖縄の診療所に1ヵ月間研修に行ってきました!

 

午前中は外来、午後は往診という日々を送っていました。

指導医の先生は子どもが4人いる女医さんで、ライフワークバランスやキャリアのことなど、女医ならではのお話をたくさんできて、とても嬉しかったです。

 

外来の患者さんは病状が落ち着いている方が多く、雑談する力も必要でした!

「なんでここが痛むの?」「糖尿病はどうして目が悪くなるの?」といった、簡単な疑問をわかりやすく、かみ砕いて説明することがとても難しく、自分の知識不足も痛感しました。

 
 



往診では、患者さんと医療者との信頼関係がとっても大事なんだなぁと強く感じました。

先生を見るだけで顔がほころぶ認知症患者さんもたくさんいました。

どのタイミングで紹介受診してもらうのか、どこまで自宅でみるのか、判断に困る例も経験し、思った以上に医師の判断の責任が重いと感じました。

 

お昼の時間は、女医の先生、外来看護師さん、医事課の方々とご一緒させてもらい、そこでも患者さんの近況をみんなで話し合い、最善の方法を探そうという熱い姿勢に感動しました。

 

米の山病院も地域に根差した病院だと思っていましたが、「診療所」になるともっともっと患者さんが身近な存在になっているんだなぁということが実感できました。

 

沖縄はきれいな海、おいしい食べ物、あったかい人々と、魅力がたくさんです(^◇^)

私も研修の合間をぬって、医事課さんおススメの海を見てきました☆

沖縄戦争のお話、基地の話など、知らなかったことを丁寧に教えて頂きました。

 

せっかくの地域医療なので、思い切って遠くへ足をのばすのも良いかもしれません!

 

1ヵ月という短い間でしたが、OKINAWA LIFEを満喫したHでした~(@^^)/~~

2017年10月18日水曜日

薬学生さんの医師業務密着体験を行いました


初めまして。

医師事務部の学生担当事務Yです。

 

親仁会では94日から2人の薬学生さんが長期実務実習を行っています。

実習スケジュールの中に薬剤部門以外の多職種業務体験が組み込まれており、その一環として、1016日、1年次研修医のI先生の業務に同行しました。

I先生は薬剤師の経験もあるということで、今回ご指名させて頂きました。

 現在は外科の研修中で、手術予定の患者さんの輸液管理について、種類や量などを学生さんと一緒にディスカッションしました。


 

続いてレントゲンの読影です。画像を見ながらその場で判定します。


 

病棟へ移動し、入院患者さんの回診を見させて頂きました。

患者さんへの声の掛け方、目線、言葉遣いなど、薬学生さんには大変参考になったのではないでしょうか。薬剤師が患者さんに服薬指導を行う際にも今日の体験が必ず生きてくると思います。

 


 


 


 

 ICUでは、検査や緊迫した処置の様子を見学させて頂きました。今まで経験したことの無い医療の現場で、医師・看護師・放射線技師・臨床検査技師といった多職種の動きをリアルに感じることが出来たと思います。I先生は、検査オーダー・結果の確認・患者さん家族への説明・エコー検査・中心静脈カテーテル留置などフル回転です。先輩医師のK先生も、患者さんの状況や処置について非常に分かりやすく説明して下さいました。

 


 

 息つく間もなく、外来救急室から電話が入ります。

 




  このような慌しい状況でも、学生さんに対し丁寧に説明をして頂きました。

  

 

薬学生さんはそれぞれ、以下のような感想を述べています(※一部を抜粋)。

 

「薬剤師が病棟に上がるのはほとんど患者さんに服薬指導するためなので、緊迫した現場を見ることがなかったため、貴重な体験となりました。 患者さんへの対応に追われている中でも患者さんの今置かれている状態、これからのアプローチを説明していただき、感謝しています。」

 

「患者さんの病室に行った際、I先生が患者さんと目線を合わせ、お話ししている姿を見ました。一方的に話をするのではなく、患者さんの心に寄り添っているなぁと感じました。私も患者さんと上手くコミュニケーションを取り、心に寄り添った服薬指導ができるようになりたいです。」

 

 ご協力頂いたお二人の先生、ありがとうございました!